• Makita Architects

外壁塗装の完成とおもしろ建材


houseM


室内のボード貼りが進んでいます。

1階の天井は中央の柱・梁で支えられ、宙に浮いたように見えるでしょうか…?


吹き抜け上部のトップライトから。ハイサイドライトから。階段室の向こう側から。

様々な場所から光を感じられ家全体が繋がったような空間にしています。


そろそろ大工工事も佳境に入り、内装工事で決定する箇所が多くなっていきます。

一番あっという間に時間がすぎるところですね。いろいろ決めなければ…!



そして今回はおもしろ建材のご紹介。

リビング中央の見慣れない灰色のボードって一体何?


答えは磁石が貼れるボードです。


通常木造住宅では、内壁の下地材としてプラスターボードという材料を使います。

そのプラスターボードと同じ工法で取付でき、そのままクロス貼りや塗装もできてしまうという、スグレモノの建材を取り入れてみました。

お子さんの居るご家庭や、店舗などの壁面デザイン変更にとても役立ちそうな建材ですね!

磁石の強度選定や、使い方の様子も、出来上がり次第ご紹介する予定です。

おたのしみに!

houseMではこの壁面に自分達でDIY塗装をする予定です。

色々なニーズに寄り添った、新しい建材がどんどん増えていくので楽しいですね。

設計事務所ならではのご提案ができるよう、日々アンテナを巡らせたいです。


#MakitaArchitects

#牧田建築設計事務所

#鹿児島県の設計事務所

#住宅

#木造住宅

#house

#architecture

#家づくり

#切妻屋根

#大屋根

#急勾配

#梁あらわし

#トップライト

#ハイサイドライト

#ワンルーム

#吹き抜け

#DIY

#インテリア

#一級建築士事務所

#鹿児島